マッカビ・ハイファfc

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

ウクライナの文化を体験できるイベント「ウクライナデー」に多くの参加者 | お知らせ | 杏林大学" /> Japanese English Chinese 杏林大学病院 杏林大学杉並病院 ご寄付のお願い 受験生 アクセス 検索 メニュー 受験生の方 社会人・企業の方 在学生の方 保護者の方 卒業生の方 --> 杏林大学について 学部・大学院 受験生サイト 就職・キャリア・教職課程 留学・国際交流 キャンパスライフ・施設 研究 地域連携 --> --> --> 杏林大学についてトップ 建学・教育理念・沿革 学園組織 役員名簿 大学概要・基礎データ(情報公開) 経営・財務情報 杏林大学の取り組み 卒業認定・学位授与の方針、教育課程編成・実施の方針 杏林大学学則 校歌 杏林大学紹介動画 学部・大学院トップ 医学部 保健学部 総合政策学部 外国語学部 医学研究科 保健学研究科 国際協力研究科 各学部・各研究科の3つのポリシー 学部等の設置届出書及び設置計画履行状況報告書 学部(学科)、研究科(専攻)ごとの理念・教育研究上の目的、教育目標 取得可能な学位に関する情報 受験生サイトトップ 学部学科の紹介 学費・奨学金など オープンキャンパス 進路相談会・進学相談会 出張講義 キャンパス見学 資料請求 3つのポリシー 入試概要 出願はこちら 出願速報 入試データ・過去問題 Q&A 就職・キャリア・教職課程トップ キャリアサポートセンターとは キャリア支援プログラム(在学生サポート) 学内資格講座(資格取得サポート) 支援スケジュール 就職データ 求人のお願い・インターンシップのお願い インターンシップについて 相談窓口の開設について 在学生向け情報 教職課程 留学・国際交流トップ 海外交流実績 留学制度について 海外研修について 海外協定校一覧 留学生受入について 留学生向け情報 キャンパスライフ・施設トップ 授業関連 学費・奨学金 キャンパスライフ 学生相談 三鷹キャンパス 井の頭キャンパス 八王子キャンパス 学生支援センター 入学センター キャリアサポートセンター 国際交流センター 図書館 総合情報センター 保健センター 研究トップ CLOSE UP KYORIN 研究推進センター 教員データベース 地域連携トップ 地域交流活動 地域総合研究所 公開講座(講演会・社会人教育) 社会貢献活動 国連アカデミックインパクト メディア情報 お問い合わせ 資料請求 杏林大学トップ お知らせ ウクライナの文化を体験できるイベント「ウクライナデー」に多くの参加者 お知らせ 過去のお知らせ一覧 最新の一覧 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 お知らせ メニュー 過去のお知らせ一覧 最新の一覧 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 ウクライナの文化を体験できるイベント「ウクライナデー」に多くの参加者 民謡のパフォーマンス(左)、会場の様子  ウクライナの文化や伝統、食などを体験してもらうイベント「ウクライナデー」が3月5日(日)杏林大学三鷹キャンパスの松田進勇記念アリーナで開催され、多くの人々でにぎわいました。  アリーナに設置されたステージでは、ウクライナ人の女性たちによる民謡や舞踊が披露されました。色鮮やかな民族衣装まとい、美しい歌声や音楽とともに繰り広げられるパフォーマンスに観衆からは大きな拍手が送られました。アリーナの一角では、ウクライナの民芸品をつくるワークショップが開かれ、多くの親子連れが、イースターエッグ「プィーサンカ」やお守り「モタンカ人形」作りに挑戦しました。また、軽食コーナーでは、ウクライナの食べ物「ボルシチ」やチーズ入り揚げドーナツ「ポンチキ」に舌鼓をうつ人たちの姿が見られました。 イベント開始にあたり、主催者でもある(公財)三鷹国際交流協会の理事長を務める松田剛明杏林学園理事長は、「このイベントを通してウクライナの文化に触れ、ウクライナについて理解を深めることができる一日になればと思っています。そして、母国を離れて暮らすウクライナの人たちに思いを寄せていただけることを願っています」と挨拶しました。 三鷹市は、多摩地域の中でも多くの避難民を受け入れている自治体のひとつです。三鷹国際交流協会では、ウクライナから避難された方々の住居や就労といった生活の基盤を整えるためのサポート活動を行うほか、「ウクライナデー」のようなイベントを通して地域住民との交流の機会を作り、地域における共生を促進しています。市と連携しながら、言語も文化も違う環境で暮らさなければならないウクライナの方々に寄り添って、それぞれに合った適切な支援体制を整えており、杏林大学も様々な側面からその活動に協力しています。 本学の学生も様々な形でウクライナデーをサポートしました。ステージイベントの司会を日本語と英語で担当した英語学科2年生の河邉結衣さんと中野そらさんは、「このようなイベントで自分にできることで参加ができて嬉しいです。皆さんに楽しんでもらいたいです」「イベントに関わる日本人、ウクライナ人のスタッフと交流できたことは貴重な経験でした」と話しました。 また、ワークショップの受付や軽食コーナーのサポートを行ったボランティア団体Feelの学生は、「ウクライナの方々や市民の皆さんと触れあえるめったにない機会です。私たちもウクライナについて知るきっかけになると思います」と話しました。 挨拶をする松田理事長 司会を務めた河邉さん(中央)と中野さん(右)  An event entitled “Ukraine Day” was held on Sunday, March 5 at the Matsuda Shin-yu Memorial Arena on Mitaka Campus of Kyorin University. The event was alive with a lot of people enjoying Ukrainian culture, traditions, and food.  On the stage set up in the arena, women from Ukraine performed folk songs and dances. The audience applauded their colorful folk costumes and beautiful music and their singing voices. In a corner of the arena, a workshop for making Ukrainian folk crafts took place. Parents and children tried handcrafting Ukrainian Easter eggs “Pysanka” and amulets “Motanka dolls.” At the refreshment corner, visitors enjoyed Ukrainian borscht and fried cheese doughnuts “Ponchiki.”  At the start of the event, Takeaki Matsuda, chairman of Kyorin Gakuen, who is chairman of MISHOP (Mitaka International Society for HOsPitality) and also serves as the organizer of the event, said, “I hope visitors have opportunities to experience Ukrainian culture and deepen their understanding of the nation. We also hope they bring their thoughts to the Ukrainians who are forced to live away from their homeland.”  Mitaka City is one of the municipalities in the Tama region that has taken in many refugees. MISHOP is supporting the refugees from Ukraine by helping them to establish a foundation for their lives, such as housing and employment. It also creates opportunities where they can interact with local residents through events such as “Ukraine Day” to promote harmonious coexistence in the community. In cooperation with the city, Kyorin University is working closely with the Ukrainian refugees who have to live in an environment with a different language and culture, and has established an appropriate support system suited to each of them.  Kyorin University students also supported “Ukraine Day” in various ways. Yui Kawabe and Sora Nakano, second-year students in the Faculty of Foreign Studies, who hosted the stage events in both Japanese and English, said, “we are happy to be able to participate in such an event. We hope you enjoy this day. It is a valuable experience for us to interact with the Japanese and Ukrainian staff trying hard to manage the event.”  A student from Feel, a volunteer group that assisted with the workshop reception and refreshment corner, commented, “This is a rare opportunity to meet Ukrainian people and local residents. I think it will be a good opportunity for us to learn more about Ukraine as well.”   2023.3.6 Tweet 記事一覧に戻る facebook twitter Instagram 杏林大学について 学部・大学院 受験生サイト 就職・キャリア・教職課程 留学・国際交流 キャンパスライフ・施設 図書館 高大接続 杏林医学会 研究・社会活動 男女共同参画 刊行物 広報誌あんず 著作物--> 求人情報 お問い合わせ 学内専用サイト(あんずNET) Microsoft 365 e-learning--> ストレスチェック 本学の新型コロナウイルス感染症対応について 杏林大学病院 看護専門学校--> プライバシーポリシー このサイトについて 関連リンク サイトマップ Copyright Kyorin University. All Rights Reserved.

dreamofgold エンゼルスタイラー死因 ブックメーカースポーツ 188betcadastro
Copyright ©マッカビ・ハイファfc The Paper All rights reserved.