クリケットスポーツ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

English (旧IGS) お茶の水女子大学 menu IGSについて 目的と沿革 事業内容 施設 メンバー 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 研究プロジェクト 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 イベント情報 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 IGS通信 IGS通信 2024 IGS通信 2023 IGS通信 2022 IGS通信 2021 IGS通信 2020 IGS通信 2019 IGS通信 2018 IGS通信 2017 IGS通信 2016 IGS通信 2015 刊行物 ジェンダー研究 報告書シリーズ 事業報告書 AIT20周年報告 アクセス リンク お問合せ Home IGS通信 IGS通信 2018 セミナー「性同一性障害とトランスジェンダーは「水と油」か」 IGS通信 セミナー「性同一性障害とトランスジェンダーは「水と油」か」 2019.3.7 IGS通信, IGS通信 2018 IGSセミナー報告「性同一性障害とトランスジェンダーは「水と油」か」 2019年3月7日、セミナー「性同一性障害とトランスジェンダーは「⽔と油」か」では、千葉大学准教授の鶴田幸恵氏をお招きして、「性同一性障害という概念は、病理概念として理解され使用されており、人権概念であるトランスジェンダーとは相容れない」という捉え方があるが、そうした捉え方を引き受けない人びともいるのはなぜかを、トランスジェンダーの活動家へのインタビューデータを元に報告いただいた。 まず性同一性障害とトランスジェンダーという概念の相違について、性同一性障害(Gender Identity Disorder)は病理概念であり、ホルモン投与など医学的介⼊を可能とするものであったのに対して、トランスジェンダー(Trancegender) は、脱精神病理化を目指した当事者運動から出てきた言葉であったという。その意味で、トランスジェンダーは、アイデンティティの問題と捉え返して自らの尊厳を取り戻すために人権に訴え、差異を認め合う社会へと誘うものであった。 鶴田氏は、エスノグラフィックな分析を通して、性同一性障害とトランスジェンダーとがどのように、そしてまたどのような概念と結びついているのかという観点から、両者の差異を論じた。その観点から、性同一性障害が性別枠組みを維持する活動であるのに対して、トランスジェンダーは性別枠組みを緩める活動という違いが見えてくるという。 欧米では病理化の概念である性同一性障害ではなく、トランスジェンダーが使われる傾向にあるのに対して、日本では、性同一性障害がアイデンティティとして使われる傾向があったという対比も指摘された。欧米では、社会的なアプローチ、すなわちトランスジェンダーの心身の健康のために医療を利用するという、いわばトランスジェンダーが医療を利用する主体として性別移行が捉えられてきたのに対して、日本では、性同一性障害という医学的診断に基づいて客体化される形で性別移行が行われてきた点で、医学の役割も大きく異なっていたという。 このようにして、日本における性同一性障害概念の変遷の背後に、利便性に基づいた医療概念のローカル化という特徴がみて取れる。性同一性障害は病理概念ではあるのだが、社会的に受容・配慮可能なものへと開く契機として医学を利用するという事態が起きたとも言える。 少数派の身体特性を持った身体が多数者の社会に関わったときに生じる障碍の社会モデルを前提に、日本では性同一性障害とトランスジェンダーは⽔と油という相容れないものであるという捉え方にはなっていないことが、エスノメソドロジーのアプローチから明らかにされた。 したがって、トランスジェンダーの対⽴概念ではないものとして性同一性障害を捉えているということは、それはすでに「性同一性障害」ではなくなっていて、病理概念ではなく、社会モデルによる「性同一性障害」概念になっているという指摘がされた。 質疑応答においては、性同一性障害とトランスジェンダーについて、運動の当事者からの発言や国際比較など、様々な論点について活発な議論が行なわれた。 記録担当:板井広明(IGS特任講師) 《イベント詳細》 IGSセミナー「性同一性障害とトランスジェンダーは「水と油」か」 【日時】2019年3月7日(⾦)15:00〜17:30 【会場】本館306 【コーディネーター/司会】板井広明(IGS特任講師) 【講師】鶴田幸恵(千葉大学教授) 【参加者数】66名 Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it カテゴリー Events Events 2015 Events 2016 Events 2017 Events 2018 Events 2019 Events 2020 Events 2021 Events 2022 Events 2023 Events 2024 IGS通信 IGS通信 2015 IGS通信 2016 IGS通信 2017 IGS通信 2018 IGS通信 2019 IGS通信 2020 IGS通信 2021 IGS通信 2022 IGS通信 2023 IGS通信 2024 INTPART News News 2015 News 2016 News 2017 News 2018 News 2019 News 2020 News 2021 News 2022 News 2023 People People 2015 People 2016 People 2017 People 2018 People 2019 People 2020 People 2021 People 2022 People 2023 People 2024 Professor Professor2015 Projects Projects 2015 Projects 2016 Projects 2017 Projects 2018 Projects 2019 Projects 2020 Projects 2021 Projects 2022 Projects 2023 Publication twitter rss Copyright ©  2015 お茶の水女子大学ジェンダー研究所 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1  Tel. 03-5978-5846 Fax. 03-5978-5845  All rights reserved. ページ上部へ戻る

ボンズカジノの登録方法 (2024年最新) 使い方ガイド&解説 ルドゴレツ 競馬スポーツ カジノミーベガウォレット
Copyright ©クリケットスポーツ The Paper All rights reserved.